シロアリ駆除の料金は、安ければ良い。本当にそうでしょうか?このサイトでは、優良なシロアリ駆除業者を探すために「実績(創業年)」にもこだわりました。
TOP » こんな悪徳業者には気をつけよう » 大手を名乗っても安心できない

大手を名乗っても安心できない

大手の名を名乗る業者でも、安心はできません。悪徳業者には十分気を付けましょう。

悪徳業者が増えた理由

悪徳業者は、本当は必要のないものやサービスを売りつける業者のことを言います。不必要な工事を言葉巧みに契約させられ、不適切な代金を請求されたという被害も報告されています。

シロアリ駆除業者の中に悪徳業者が増えた理由としては、戦後に床下の低い現代風の家屋が増えたことで、シロアリ被害が爆発的に増えたことによるそうです。それまでは、床下が高い家が多かったため、あまり知られていなかったシロアリによる被害は、戦争後の新築増加に比例して増えました。これを受け、駆除業者も増えたのですが、ひと通り駆除をしてしまった後は経営が成りたたなくなり、悪徳な手口で荒稼ぎをする業者が増えたそうです。

大手を名乗ったシロアリ駆除の悪徳手口

シロアリ駆除の悪徳手口にも、色々ありますが、ここでは、ある事例をご紹介します。

業者からカビを理由に湿気対策をするよう勧められる

ある日、B県のAさんという人が、シロアリ駆除業者の訪問を受け、無料ということで床下を調べてもらいました。すると、業者から「カビが生えているので、シロアリ発生の危険があります。湿気対策をするように」と言われました。見積もりを出してもらったところ、約40万円の請求額になり、Aさんは一旦断りました。すると訪問業者は半額の20万円にディスカウントし、ローンを組むことも勧めてきました。Aさんは、金銭的に余裕がなかったのですが、我が家のことだと諦め、契約書にサインしました。

そもそもカビ対策の必要がなかったことが判明

それから、しばらくして、床下から大量のアリが発生しました。Aさんは建築工務店に連絡して調べてもらったところ、シロアリではなくクロアリとのことで、家には問題ないとのことでした。また、「床下は土間コンクリートなので、そもそもカビ対策をする必要がない」とも言われました。

さらに、Aさんは、地域のしろあり専門協会に連絡し、再度調べてもらいましたが、湿気対策はもともと必要ないとのことでした。先の訪問業者との契約が2年前になるとはいえ、協会の人から契約解除できる旨を聞き、手続き終了後、代金が全額無事に戻ってきました。

Aさんは自ら行動を起こし、無事、代金が戻ってきましたが、同様の手口に遭い、泣き寝入りした人もいたかもしれません。

仮に、請求金額が数千万円などであればニュースで話題になることもあるかもしれませんが、床下の湿気対策で何十万というAさんのようなケースは、ニュースに取り上げられることは稀でしょう。シロアリ駆除の悪徳業者がいなくならない原因はここにあるのかもしれません。

悪徳業者は大手を名乗っていることもある

ちなみに、先の訪問業者は、Aさんの家を訪ねた際、きちんと名刺を渡しています。その名刺には、農協の名が印刷されていました。大手と名乗っていても、このような手口があるため、十分注意が必要です。仮に調査を許可してしまった場合でも、最低限見積もりの段階で、回答を保留するようにしましょう。そうして、複数の業者などに相見積もりをしてもらい、不必要ならば、きっぱりと断るようにしましょう。

悪徳業者に騙されないために、安全な老舗業者だけを選んで料金を比較しました
↓↓↓↓↓

創業30年以上限定!
シロアリ駆除業者の料金比較