シロアリ駆除の料金は、安ければ良い。本当にそうでしょうか?このサイトでは、優良なシロアリ駆除業者を探すために「実績(創業年)」にもこだわりました。
TOP » こんな悪徳業者には気をつけよう » 色々なあくどい手口

色々なあくどい手口

カビ商法は、シロアリ駆除業者がよく使う手段です。「カビ」を利用したあくどい手口についてまとめました。

悪徳業者のカビ商法

悪徳業者のよく利用する手口は、カビを使ったものです。

素人の目からすれば、床下は非常に暗く、湿気の高い所との認識があります。湿気が高いということは、すぐにカビをイメージし、カビがあると木材が腐ってしまうという連想に繋がります。

悪徳業者は、そういった人間の心理を巧みに利用します。

業者がカビを暗に強調するようなら要注意

たとえば、床下調査前に「シロアリはジメジメした所を好み、木材の腐った所に集まってきます」と説明します。調査後、「今のところ、問題はなさそうだが、カビが発生しているので、シロアリがやってくる可能性があります」などと報告します。素人からすれば、カビと湿気とシロアリが一つに結びつき、つい契約を考えてしまうのは、致し方のないこととも言えるでしょう。

仮に、シロアリの被害が多少あったとしても、調湿剤などを高額で売り付けるために、悪徳業者はカビの話をよく利用します。カビは悪徳業者のオーソドックスな手口とも言えます。

床下のカビは問題なのか?

実際、湿気の多い場所に、カビは発生します。しかし、木材への影響は、あくまでも表面上に限られています。

つまり、カビは木材を「腐らせる」のではなく「変色させる」作用があるのです。

もし、あるシロアリ駆除業者の訪問販売を受け、無料と称した床下調査後、カビを暗に強調するようなことを言われたら、安易に契約を結ばないようにすることが重要です。

シロアリ駆除の悪徳業者の手口いろいろ

悪徳業者の手口は、「カビ」を使ったもの以外にもたくさんあります。

ホームページの無断転載

ほかのシロアリ駆除業者のホームページを悪用する手口です。著作者の許可がないのに、自分たちがさも正しいサービスを行っているように見せかけ、お客に安心感を植え付けさせます。

「湿気」の恐怖喚起

家屋の床下調査をし、シロアリの影響を受けない状態であると認識しているにも関わらず、なんだかんだ言い訳を作り、湿気が問題だと言って、調湿剤を売り付けたりします。あるいは、必要もないのに、床下補強が必要だと言って、耐震部材等を売り付ける手口もあります。

シロアリ駆除で家を破壊

家屋を守るという本来の目的を忘れ、シロアリ駆除のために、床下の基礎や部材を壊してしまうこともあります。

シロアリがいると嘘の報告をする

前もってシロアリがかじりついた、似たような木材を懐に忍ばせ、床下調査後にそれを手にしながら、すでにシロアリの被害があると説明したりします。木材を忍ばせなかったとしても、シロアリ被害がないのに、シロアリがいるとウソをついたりします。ここまで来ると立派な詐欺行為と言えるでしょう。

こういった手口には騙されないように、気を付けなくてはいけません。自分は騙されるわけない、と思わずに、常に危機感を持っておきたいですね。

悪徳業者に騙されないために、安全な老舗業者だけを選んで料金を比較しました
↓↓↓↓↓

創業30年以上限定!
シロアリ駆除業者の料金比較