シロアリ駆除の料金は、安ければ良い。本当にそうでしょうか?このサイトでは、優良なシロアリ駆除業者を探すために「実績(創業年)」にもこだわりました。
TOP » シロアリ豆知識 » こんな被害に遭う前に対策を

こんな被害に遭う前に対策を

シロアリ駆除をしなかった場合のデメリット

シロアリ駆除をしなかった場合、家が長持ちしない、あるいは、家の資産価値が落ち、中古物件として価格が下がる、さらには、建て替えやリフォームなどに多額の費用が掛かってしまう等、多くのデメリットがあります。

一説によると、1995年に発生した阪神淡路大震災の家屋の倒壊は、主要原因がシロアリ被害によるものではないかとのこと。怖いですね。

主に土台の木材から巣が広がっていく

では、シロアリによって、家屋はどのように崩壊していくのでしょうか?

シロアリは床下から侵入する

まず、シロアリは、じめじめした、暗い場所を好むため、主に床下の地中から家屋に浸入してきます。シロアリの目は退化していると言われており、もっぱら臭いを頼りに木材の主成分であるセルロースを探し出し、栄養分としています。

シロアリは湿った木材が大好き

木材が湿り出すと、腐朽菌というものが付着します。その際、誘因物質が発生し、シロアリがその臭いをかぎ分け、木材に巣を作り始めます。木材の柔らかい部分だけを食し、なおかつ、光を嫌うため、その周囲に土を埋め込みます。その埋め込んだ土を蟻土(ぎど)と呼んでいます。

シロアリは木材の内部を食い尽くす

木材の柔らかい部分は、木材の内部であり、シロアリがその部分を食するということは、木材の中に空洞ができます。シロアリの食した後は、半径の小さな穴ですが、それが道のよう連なり、しかも、一本の木材に、何本も通っていきます。

シロアリは、地中から1.5mほど穴を作るとされていますから、気づかず放っておけば、被害は家屋の土台そのものが揺らぐ規模になってしまうでしょう。

シロアリは集団で家を破壊する

シロアリの社会は、女王アリを中心に集団で生活しています。一匹一匹の力は弱くても、集団でそれを補うことで、人間の生活をも脅かすほどの被害をもたらします。

ひと度シロアリに巣を作られれば、適切に駆除をしない限りは、床が壊れたり、家屋が傾いたり、あるいは家屋が崩れたりなどの被害が引き起こされかねません。

そんなものまで!?シロアリの雑食性

シロアリの被害は、木材だけではありません。コンクリートやレンガなどをかじった例が、実際に確認されており、雑食性ということがわかっています。このほか農作物、プラスチック、ゴム類、皮革類や動物の死骸、人骨まで食べるとのこと。

シロアリのひどい被害に遭う前に、信頼できるプロのシロアリ駆除業者に相談し、定期的なメンテナンスをすることをおすすめします。

実績のある老舗のシロアリ駆除業者を厳選して比較しました
↓↓↓↓↓

創業30年以上限定!
シロアリ駆除業者の料金比較