シロアリ駆除の料金は、安ければ良い。本当にそうでしょうか?このサイトでは、優良なシロアリ駆除業者を探すために「実績(創業年)」にもこだわりました。
TOP » シロアリ豆知識 » シロアリが好む場所、嫌う場所

シロアリが好む場所、嫌う場所

シロアリが好む場所があると、当然発生しやすくなります。シロアリが好む場所、嫌いな場所を知り、発生しにくい環境づくりを心がけましょう。

シロアリが好きなのはこんな場所

シロアリが好きな場所は、湿気が多いところ、そして光の届かない暗いところです。家の中であれば、やはり床下がほとんどですね。湿気もある程度あり、そして光が届かないところ。シロアリの種類にもよりますが、土の中を進んでいくシロアリが多いので、土の近くを好むでしょう。

シロアリが発生しにくい環境とは

シロアリの怖さは、目に見えない間に進行し、そのままにしておくと家屋が倒壊するなどの甚大な被害が発生してしまうところです。

シロアリは、日本各地に生息しています。予防をしなければ全国の家の半数はシロアリによるダメージを受けるとされています。

しかし、シロアリの被害が少なかった時代があると言われています。それは戦前、太平洋戦争前です。

戦前の家は床下の通気性に優れていた

戦前の住宅は、現在のように住宅があちこちに密集しているというわけではありませんでした。また、昔の家の作りは、基本的に床下が高く、素人でも、容易に床下を見ることができました。お寺や神社の祠などを思い浮かべると、わかりやすいかもしれません。

しかし、戦後の高度経済成長期に住宅事情は激変し、床下のない木造住宅が密集して建てられるようになりました。私たち人間は、豊かな生活を手に入れたと同時に、シロアリの好む、じめじめして光が入らず、栄養たっぷりの木材が置かれた最高の環境を作り出してしまったというわけです。戦後からしばらくの間、シロアリ駆除業者が駆除のみで十分な営業利益を得られたのは、戦後に顕著になったこの住宅事情のおかげかもしれませんね。

マンションなら安心、というわけではない。

シロアリの被害は一戸建てだけ、マンションなら大丈夫と思っていませんか?

コンクリートの小さなひび割れからでも、シロアリは侵入します。鉄筋コンクリートのマンションが致命的な被害を受けることはないとは思いますが、シロアリが侵入した先に木や畳といった餌となるものがあれば、マンションであっても被害を受ける可能性はあります。もし、シロアリを見つけたらプロの業者に相談してみた方が賢明かもしれません。

実績のある老舗のシロアリ駆除業者を厳選して比較しました
↓↓↓↓↓

創業30年以上限定!
シロアリ駆除業者の料金比較