シロアリ駆除の料金は、安ければ良い。本当にそうでしょうか?このサイトでは、優良なシロアリ駆除業者を探すために「実績(創業年)」にもこだわりました。
TOP » シロアリ豆知識 » シロアリとカビの関連性

シロアリとカビの関連性

カビとシロアリには関連性がない

シロアリは、蟻道(ぎどう)というトンネルを作り、そこを移動しながら木材にかじりつき、必要な栄養素を取り込みます。蟻道は、狭く高温多湿で、しかも光を遮り、シロアリの非常に好む場所になっています。

そういう性質を知ると、シロアリはカビがあるところに発生する、というイメージがありますが、実はシロアリとカビには全く関連性がありません。

カビが増殖することで、木材が腐ることはあります。そういう木材をシロアリが好む可能性はあるので、心配なのであれば、シロアリ対策をすると同時にカビ対策をしても良いでしょう。

シロアリはカビが生えるような環境を好む

カビがあるということは、それだけ湿気が高いということですから、シロアリが好む床下の環境が整っている可能性はあります。

ただし、カビ対策だけをすれば、シロアリ対策もできるかというと、そうではありません。カビを防げばシロアリが発生する確率を減らすことはできるかもしれませんが、カビが生えていないからといってシロアリが発生しない、というわけではないので注意が必要です。

怖いのは、木材の芯が被害を受けること

そもそもカビは、真菌類というキノコの仲間です。カビの被害は、基本的に木材の変色であり、専門用語では、表面汚染菌と呼ばれています。

シロアリが好む腐朽菌は、カビと同じキノコの仲間になりますが、木材の成分であり、かつ、シロアリの栄養素でもあるセルロースを分解します。つまり、カビと腐朽菌の最大の違いは、木材の「表面を変える」か、木材の「芯を腐らせる」かにあります。どちらが家屋にとってより深刻な問題であるかは、お分かりいただけるかと思います。

床下は、もともと高温多湿であり、通常の状態でもカビが発生します。そのため、多少のカビでは大事には至りません。

もし、シロアリ駆除業者にシロアリ検査を行ってもらった際に「カビ対策」を強調してくるようなら、その工事は本当に必要かどうか、ほかの業者にも調査してもらいましょう。

すべての業者で必要と判断されればするべき工事なのかもしれませんが、必要ないという業者があれば、考え直したほうがいいかもしれません。カビを手口として不安を煽ってくるのは悪徳業者の常とう手段でもあるので、気を付けてください。

現在はインターネットで多くの情報を調べることができます。老舗のシロアリ駆除業者の公式サイトには、シロアリやシロアリ駆除に関する情報が掲載されていることも多いので、事前に基礎知識を頭に入れておくことも大切です。

実績のある老舗のシロアリ駆除業者を厳選して比較しました
↓↓↓↓↓

創業30年以上限定!
シロアリ駆除業者の料金比較