シロアリ駆除の料金は、安ければ良い。本当にそうでしょうか?このサイトでは、優良なシロアリ駆除業者を探すために「実績(創業年)」にもこだわりました。
TOP » シロアリ豆知識 » 代表的な日本のシロアリ

代表的な日本のシロアリ

代表的なシロアリは、全国や関東以南等に生息

日本に生息している主なシロアリは3種類です。対策をする前に、それぞれにどんな特徴があるのか、どこに生息しているのかを知りましょう。

ヤマトシロアリ

北海道東部以外の全国に生息しているシロアリです。

土壌性を有しており、土に依存します。被害をもたらすスピードはそれほど速くないものの、日本の中では最も被害をもたらしているシロアリと言えるのではないでしょうか。

水を運ぶ能力があまりないのですが、結露や雨漏りなどの水分供給があると、広範囲に拡大するとされているため、日本の戸建て住宅はヤマトシロアリにとっては楽園と言えるかもしれません。

イエシロアリ

関東より南の海外地域に生息しているシロアリです。

土壌性を有しているところはヤマトシロアリと同じですが、海岸部が活動拠点となっているため、水を運ぶ能力があります。乾いている木材でも、自分たちの力で湿らせることができ、被害を進行させていくやっかいな存在です。しかも、そのスピードは驚異的な速さです。

家屋の2階にまで侵入することもあり、巣の範囲は100mにまで及ぶ可能性もあります。

東京には生息しないとされていましたが、神奈川や千葉などには分布しています。日本のシロアリの中でも、脅威とされるシロアリなので、しっかりと駆除しなくてはいけません。

アメリカカンザイシロアリ

その名の通り、アメリカ西海岸原産のシロアリです。

土壌性はなく、木材に直接侵入していきます。ダイコクシロアリという似たようなシロアリがおり、同じく土壌性を有していません。奄美大島以南、小笠原諸島に生息しています。

シロアリの天敵は、意外にもクロアリ

シロアリはアリよりもゴキブリに近い

ちなみに、シロアリは、分類学上、等翅目(とうしもく)という仲間に入り、アリと名がついてはいるものの、一般的に知られたクロアリとは異なる昆虫です。約3億年前に地球上に出現したと言われ、ゴキブリに近い種類とされています。

クロアリはハチの仲間

一方、クロアリは、膜翅目(まくしもく)と言い、ハチの仲間に入ります。そのためなのか、甘い蜜に群がったり、クモの卵を食したりと、雑食性を有しています。また、地球上に出現したのは、約2億年前とされています。

シロアリはクロアリに食べられてしまうことも

シロアリとクロアリは、どちらもアリと名付けられていますが、このような相違点があり、さらに決定的に異なる点は、シロアリが光を好まないのに対し、クロアリは光があっても活動に支障がないことです。

面白いことに、シロアリはクロアリに食べられることがあります。つまり、シロアリの一番の天敵はクロアリということです。人間同様、お互い集団社会を営んでいますが、敵同士になっています。

クロアリを使ってシロアリ駆除はできないの?

それなら、クロアリを使ってシロアリを駆除すれば良いのでは?と考える人も多いかもしれませんが、残念ながらその方法は今のところ開発されていません。今のところは、シロアリ駆除業者が用いているバリア(ケミカル)工法とベイト工法に頼った方が良さそうです。

シロアリと羽アリはどうやって見分けるの?

シロアリは住宅の木材を食べる害虫として有名ですが、クロアリの羽アリは住宅には害を及ぼしません。ですが、どちらも「羽のついた小さなアリ」ということは共通しています。

一見見分けにくいシロアリとクロアリの羽アリですが、どのようにして見分ければ良いのでしょうか。家の中に羽アリが発生したときに備えて、それぞれの特徴や習性について知っておくと、いざというときに役立つでしょう。

シロアリと羽アリの見た目の違い

シロアリとクロアリの羽アリは、よく見てみると、見た目に違っている部分がたくさんあります。小さな羽アリを間近で見るのは気持ち悪く、見難いとは思いますが、特に分かりやすい見分け方についてご紹介します。

部位 シロアリ クロアリ
触覚 真っすぐに伸びている。数珠状。 「く」の字に曲がっている。数珠状ではない。
羽の形 楕円形に近く先が丸い。4枚とも同じ形をしている。 先の方が尖り気味で三角形に近い。前羽と後羽の形が違う。
羽の大きさ 4枚とも同じ大きさ 前羽が大きく、後羽が小さい
胴体 寸胴でくびれがない 胸部と腹部の間にくびれがある。腹部が大きい。

シロアリとクロアリの羽アリを比較してみると、このように外見はかなり違いがあります。これらの違いの中でも、一見して特に分かりやすいのが、羽の大きさと形の違いです。

シロアリの羽

「トンボ」のような形の羽。真横に伸びていて羽の先は丸みを帯び、4枚ともが同じ大きさ、同じ形

クロアリの羽

「蝶」のような形の羽。蝶の羽を横長にしたようなイメージで、前羽は上のラインが真っすぐで、下のラインは三角形をつくるように丸みを帯びた角がある。後羽は前羽の1/3程度の大きさ。

その他、胴体や触覚の違いなどもありますが、一目でわかりやすい羽の形を覚えておけば、近寄らなくても簡単にシロアリとクロアリの区別がつくと思います。

シロアリと羽アリは生態にも違いがある

見た目にも違いがあるシロアリとクロアリの羽アリですが、その生態にも違いがあります。

項目 シロアリ クロアリ
発生時期 ヤマトシロアリ:4~5月
イエシロアリ:5~7月
6~11月
活動場所 床下、人目に付かない場所 庭先、人目に付きやすい場所
アリ道 ほとんどの場合作る 作らないこともある
アリ道の状態 指で押した時に硬く潰れにくい、土から到達点まで途切れない。 サラサラしていて押すと潰れる、ところどころ途切れている。
北限 茨城県潮来市 北海道名寄市
分布 千葉県以西。海岸に沿った温暖な地域。南西諸島・小笠原諸島。 日本全土に広く分布

シロアリと羽アリの見分け方のポイントとしては、発生時期とアリ道の状態が分かりやすいものです。イエシロアリとクロアリの発生時期は少し重なっていますが、8月以降に見つけた羽アリであれば、クロアリだと考えられます。

また、アリ道の状態は、実際にシロアリや羽アリがいなくても見分けられる方法なので、家のどこかにアリ道を見つけた場合は、よく観察してみてください。

羽アリが発生したときの対処法は?

(シロアリの可能性のある羽アリを見つけたときの対処法とは?のエリアと以下、差し替え)

家の中に羽アリが発生していたときの対処法として、まずは上でご紹介した表を使って、その特徴や違いについて見てみてください。そして、クロアリの羽アリだということが判断出来たら、とりあえず住宅に対する被害はないので、急を要する事態ではありません。

もしもシロアリの羽アリだった場合は、シロアリ駆除の専門家に依頼しなければなりません。ですが、クロアリの場合も、放置しておくと家中に大量出没する可能性があるので、どちらにしても、とりあえずシロアリ駆除の専門家に連絡すれば間違いないでしょう。

念のため、以下ではシロアリの可能性がある場合、どうすれば良いのかを項目に分けて解説いたします。

羽アリ自体に有害性はないので、落ち着いて対処

シロアリの羽アリは、短時間で大量発生するので、見つけてしまうとショックを受けるかもしれません。ですが、シロアリの羽アリ自体は噛んだり有害な菌を持っていたりはしません。まずは落ち着いて、羽アリを殺虫剤などで駆除しましょう。

もしも、発生した羽アリが部屋の床や壁を覆いつくすほど大量だった場合には、ガムテープなどで目張りをして、他の部屋に羽アリが侵入するのを防ぎます。

落ちてたまった羽アリは、まとめて掃除機で吸い込むと楽に駆除できます。

羽アリを駆除しても、シロアリの巣は残ったまま

羽アリは短い間で大量発生しますので、だいたい2、3日で全ての羽アリは出尽くします。ところが、外部に出る羽アリは全体のシロアリのわずか2~3%でしかなく、それ以外の羽アリはシロアリの巣であるコロニーにそのまま残ります。そのため、シロアリの巣自体を駆除しなければいけません。

シロアリ駆除は専門家に相談しよう

シロアリの可能性のある羽アリがいなくなっても、シロアリのコロニーを駆除しなければシロアリ被害を食い止められません。まずは上記の方法で、羽アリがシロアリかクロアリかを見分けてみましょう。

それでも、大量発生した羽アリがシロアリかクロアリか判断できないときは、まずは専門家に相談してみるのがおすすめ。専門家なら見分けをつけることができますし、万が一シロアリの羽アリだった場合、そのまま駆除を依頼することもできます。

シロアリ駆除やクロアリ駆除を早めに行うことは、駆除のための料金を抑えることにも繋がります。数が少ない内に駆除をすれば、料金も安くなりますし、住宅への被害も軽減されます。

バリア工法について詳しく見る

ベイト工法について詳しく見る