シロアリ駆除の料金は、安ければ良い。本当にそうでしょうか?このサイトでは、優良なシロアリ駆除業者を探すために「実績(創業年)」にもこだわりました。
TOP » シロアリ駆除とは?依頼する前に知っておくべきこと » 一般的な予防・駆除方法 » バリア工法について

バリア工法について

シロアリ駆除の方法として、主に行われている2つの工法のうちに1つ、それがバリア(ケミカル)工法です。どんな工法なのか、特徴とメリット・デメリットをご紹介します。

バリア工法について

シロアリ

薬剤を床下にまく工法で、ケミカル工法とも呼ばれます。シロアリによって被害があった部分に対して、化学合成薬剤を散布することで、直接シロアリを死滅させます。使用する薬剤は業者によって異なりますが、仕組みは同じです。

薬剤の有効期間は5年といわれているため、「薬をまけば一生安心」というわけではありません。定期的に予防をしておくと、被害に遭う可能性はぐっと低くなります。家屋を守るためにも5年に1度を目安に予防をすると良いでしょう。

シロアリ駆除業者は、保証期間を設けているところがほとんどです。バリア工法で駆除してから、保証期間中にシロアリによる被害が出てしまった場合は、無料で対応してくれる業者も多いので、依頼する際は保証期間についてもチェックするようにしましょう。

バリア工法のメリット

違う工法と比べると、料金が安い

駆除するとなると心配な料金ですが、バリア工法なら負担も少なくて済みます。

直接死滅させることができるため、すぐに効果が出る

バリア工法は、シロアリを直接死滅させます。被害が出ていて、今すぐにでも対処したいというご家庭に向いています。

シロアリだけではなく、ほかの害虫にも効果がある

シロアリによる被害を受けている場合、違う害虫の影響も考えなくてはいけません。シロアリ以外の害虫も一緒に駆除できるため、一度で気になる害虫対策ができます。

バリア工法のデメリット

化学物質過敏症の人は使用しない方が良い

化学物質に過敏な反応を示す人は、薬剤の影響で不調をきたす場合があります。

業者によって使用している薬剤が異なるため、どんな薬剤を使っているかは事前に確認することをおすすめします。誠実な業者であれば、スタッフに薬剤に関する知識をしっかりと教えているはずですから、快く答えてくれるはずですよ。

最近は人体や環境に対しての影響が極力少ない薬剤を使用する業者も増えています。事前にきちんと調べて、そうしたシロアリ駆除業者を選ぶようにすると良いでしょう。

>>シロアリ駆除業者を徹底比較

バリア工法にかかる費用

では、安いと言われるバリア工法ですが、一体どの程度費用がかかるのでしょうか。

一般的な相場は坪あたり5,000~10,000円

バリア工法を業者が施行する場合、坪単位で金額が決定されます。その額は、業者によってさまざまではあるものの、おおよそ5,000円から10,000円が一般的な相場であると言えるでしょう。

相場価格のブレ幅が非常に大きいですが、これは各業者による価格設定の差異が影響していることはもちろんですが、シロアリの被害規模や建物の構造によって作業量が変化することが一番の理由として挙げられます。

既に家屋がシロアリ被害にあった場合、大抵はシロアリが大量に繁殖してしまっているので、駆除に必要な時間も薬剤もかさんでしまうのです。

また、特殊な家屋の場合には追加で料金がかかってしまうこともあります。

例えば床下がある家屋ですと、業者は床下に潜り込んで薬剤を散布しますが、床下に潜れないような構造の家屋ですと、まずは床下に潜るための仕掛けを作る必要があります。

シロアリ駆除業者の中にはリフォーム業を兼ねている業者もありますが、シロアリ駆除を専門にしている業者のほとんどはそのようなサービスを行ってはいません。そのため、専門の建築業者に床下に潜るための蓋のような仕掛けの設置を依頼する必要があり、請求額が増えてしまうのです。

費用がかさむということは、それだけ建物にシロアリ被害が大きいということでもあります。しかし、シロアリ被害の少ないうちに駆除の依頼を出せば比較的安価に済むので「シロアリ見かけたけど、まだ大した被害はないから大丈夫」とタカをくくらず、早めに駆除の依頼を出すことを心がけましょう。

ベイト工法との比較

とあるシロアリ駆除業者で、バリア工法とベイト工法を比べた場合、ベイト工法の場合は15坪でおおよそ16~18万円+継続年数の分だけ年間3万円、バリア工法の場合は約10万円で5年間の保証が付いてきます。

しかし、あくまでもこれはただの目安であり、シロアリ被害の状況や家屋の構造的な問題でココから請求額が上下する点にはくれぐれも注意してください。

薬剤を散布するだけだから低コスト

ベイト工法と比較してバリア工法が比較的安価で済むのは、バリア工法は、必要なものが薬剤とそれを散布する施行士の人件費だけなので安く済むという点。

ベイト工法の場合は、餌となる薬剤を切らさないように定期的に供給する必要に加え、薬剤によってどの程度コロニーが駆除できたのかをチェックしなければならないので、どうしてもお金がかかってしまうのです。

ですが、安価で済むバリア工法は、駆除作業の際に壁や床に穴を開ける場合があります。また、稀に使用した薬剤によって人間やペットに健康被害が出るケースもあるということを覚えておきましょう。もし家庭に小さいお子様やアレルギーをもっていらっしゃる方は事前にその旨を業者に忘れず話しておきましょう。

>>シロアリ駆除業者の料金比較